老老介護

老老介護 名前の無い家事・名前のある家事

家事や母の面倒をやってる父に対して、もやもやするのは、もしかしたら名前の無い家事に原因があるかもしれない。
対処方法

老老介護 認知症母への詐欺防止対策 固定電話編

母が認知症と分かってしばらくしてから、我が家は固定電話を無くしました。
介護

認知症母、嫉妬妄想再び 

以前にお話しした、母の嫉妬妄想は本当に厄介。今回は、以前に比べて弱くなったけど、嫉妬妄想が僅かに再燃したお話し。
介護

老老介護 不幸な父・幸せな父

認知症母の面倒を見ている父は不幸であり幸せでもある。
老老介護

認知症母の内服薬・父の内服薬

認知症の母は内服薬が朝・夕と寝る前にあって、さらに寝る前には貼付薬(ちょうふやく)もある。内服管理って難しい
介護

認知症母 種が捨てられない

我が家の特徴は至る所にカボチャの種が出てくる。今は料理を作らなくなったけど、母はとにかくカボチャの種が捨てられない人。
対処方法

遠距離介護 窓口を一本化する工夫 

遠距離介護の工夫。我が家は3姉妹が協力して認知症母と老老介護をしている父のフォローをしてる。そして、窓口を一本化していることで、混乱を生じさせないように工夫してる
介護

認知症母 鬼が出るか蛇(じゃ)が出るか

母の人格は「今日の星座占い」みたい。朝起きるまで分からないくらいの人格の変化。今日の運勢は吉なのか凶なのか・・・
老老介護

認知症母の不定愁訴 かかりつけ医から見放される

母はよく腹痛を訴える。これが本当かどうかすごく難しい。そして、父曰く、近くの内科の先生は母を見放してしまった様子。この判断ってすごく難しい・・
介護

認知症母、ディサービスに行きたくない

認知症の母がディサービスに行きたがらない時、私はこの方法でディサービスに行ってもらってます。うちの母だからできることかもしれないけど・・・
介護

認知症母の料理ができなくなるまで

認知症と診断された後でもしばらくは料理ができた母。今はトマトが切れるかどうか・・・母の料理ができなくなっていく過程を紹介
老老介護

遠距離介護 認知症母のGPSで父の健康を把握

母が徘徊した時に、所在把握のために靴にGPSをつけてるんだけど、老老介護している父の状況把握にも役立ってたりしてる
介護

毒を盛られた認知症母 被害妄想

昨日の母はどうやら父に毒を盛られたらしい。
介護

認知症介護とリメンバー・ミー

先祖の記憶って言っても、祖父母までくらいだったりする。母が認知症になってしまった今、祖父母の記憶はもう聞けないし、母とのこれからの記憶は認知症のことばっかりになるのかな
老老介護

遠距離介護 孫娘と両親の絆

両親には7人の孫がいる。シングルマザーの私には娘:りーたむがいるんだけど、7人の孫の中で一番両親との関係性が深い。母は父、母、ネコのむぎ以外で覚えてる存在。