介護

認知症母のトイレ事情 流し忘れ防止機能の恩恵と弊害

我が家の少し変わってる所は、男性用トイレと女性用トイレがあるところ。そして、女性トイレは自動で流す機能があるから便利なのか、不便なのか・・・・
介護

老老介護 大腸がんの父、手術辞める??

認知症母が大変で手術は無理かもしれないって朝からLINEきた。そして、もしかしたら更なる認知症の問題点が出てきたのかもしれない・・・
老老介護

老老介護 父のずれた思考回路

母が認知症になって、今まで介入しなくても良かった実家。でも、母のことで色々介入することで、小さな問題が見えてきた。社会問題の縮図を見ているよう・・・
介護

無いものねだり 認知症母と認知症ではない人たち

「無いものねだり」って言葉があるけど、認知症母を見ていると、母より歳が上でもしっかりしている人々を見ていると、辛いし、羨ましいと思ってしまう。
遠距離介護の帰省

遠距離介護「美味しい」の価値

遠距離介護で帰省して作る両親への料理は、両親のためでもあり、私の趣味でもあり、ストレス発散でもある。でも、来月、父が約2週間の入院が決まって、ふと思った。父と認知症母では「美味しい」の価値が違うこと。
介護

認知症母の汚部屋事情

認知症母の部屋は汚い。一度大掃除してるから、物は無いけど汚い。遠距離介護で帰省していなかったら、もっと汚かったことが想定されるから、まだマシなのか
介護

認知症母 1/2の確率の服装

最近の休日の母は肌着か服かの区別が難しい。表か裏かも怪しい。当たるか当たらないか、運になってきた。
介護

母の認知症発症で生まれた姉妹の絆

大腸がんの父と認知症母の2人で老老介護。その両親の子供は、兄、姉、私、妹の4人。仲が悪かった訳では無いけど、別々の人生歩んでた。3年前母が認知症になって、姉妹の絆が深まった。
遠距離介護の帰省

遠距離介護 母の趣味作り ー花壇と畑を作るー

認知症母は昔から花が大好き。今もお店に花の苗が売られると無邪気に買って喜ぶ。冬が終わり、活動できる時間が増えてきた
介護

老老介護 大腸がん父の病状説明のための帰省

4月24日水曜日は大腸がんと診断された父の病状説明に、家族代表で聞きに行ってきました。認知症母のことさえなかったら、もっと問題は少なかったのに。。
介護

認知症母 買い物事情と我が家の万引き防止対策

認知症母の最近のお買い物は基本的に家族と一緒。でも、24時間つきっきりじゃないから、1人で買い物を行くこともありうるから怖い。
老老介護

老老介護の父、大腸がんの診断受ける

父が大腸がんと診断され、家族と一緒に話を聞いて欲しいとのことで急遽帰省しました。認知症母の介護といい、ここ最近、父にはいろんなことが起きてる。
老老介護

老老介護 一番困ること 介護者の急変

老老介護で一番困ることは、認知症母のことよりも、介護者の父に何かあった時だと思う
介護

認知症母 噛み合わない会話とイライラへの対処

遠距離介護で帰省したけど、母の記憶障害は本当にひどい。秒で話を忘れちゃうから、話が噛み合わなくってイライラしちゃう。
老老介護

老老介護 父の料理事情

認知症母の介護者の父は昔から創作料理が得意なんだけど・・・