認知症母、美容院に連れていく

ちーたむ
ちーたむ

認知症になった母は他人とのコミュニケーションを酷く嫌がるので美容院に行けず、いつも素人の娘や孫たちでカットしてました。そんな母が美容院に行ったお話を紹介。

母の美容院事情

母はあんまり美容院が好きじゃない
昔は行きつけの個人経営の美容院があったけど
みんな高齢化していく
その美容院もお店をたたんじゃいました。
でも正直認知症になる前は母の美容院なんて関心がなかったし
いつもショートか一つに結べる長さでまとめてたから気にもしなかった
一体今までどうしてたんだろ??

今となっては
母がどうしてたなんて聞いても分からない
でも母は美容院が好きじゃないし
他人との会話を好まないので拒否が強かった
それに人格によっては機嫌悪いMAXで家を飛び出しちゃうから
日にちを予約してもできるかどうか・・・

素人娘美容院

これは一昨年の夏かな?娘が認知症母の髪の毛をカットしてる写真
美容院に行って欲しいけど断固として拒否
母にとって美容院は面倒な所
だから娘がモサモサの髪の毛をカットしてました

ぱっと見は上手に切れてるように見えるかもだけど
よく見るとカットした部分が揃いすぎてたり、段々になってて上手じゃない
終わった後母から切りすぎだと文句が出たけど
滅多に切れないから
一気に切って伸ばす感じ

そんな感じで
時々娘美容院を開いてカットしてた

今時の美容院事情

でも、やっぱり素人のカットでは限界がある
いや本当に無理なら娘美容院でも全然良いけど
ディサービスにも行くようになって
やっぱり身だしなみを整えたい
なんていうか、身だしなみが整えられなくなって
母の髪の毛はモサモサになってるように見えてきた
何より妖怪ばぁば(過去ブログ参照)になったときに本当に怖い

そこで情報収集
そしたら、予約なしで行ける美容院とか
母の住んでる地域でも
訪問美容院とか色々あることを知った。
訪問美容院なんて、知り合いの美容師さんにお願いするとかの次元だと思ってたし
知り合いの美容師さんがいないから無理だと思ってた。
それに実家のような田舎ではそんなサービスやってくれないと思ってた。
もっと寝たきりの方とかの訪問カットだと思ってた
知らないことを自覚して情報を得ることって大事だと痛感

早速娘たちで会議を開いて
①姉が帰省予定だから、一緒に美容院行くと誘って行ってみる
(一緒にカットなら行ける確率高い)
これでダメなら
②訪問美容院を予約
(これだと日にち指定だから、母に受け入れてもらえるように、さらにどうやって説得するか議論)
これでダメなら
③娘美容院
これでもダメなら(結構断られる)
④髪の毛を伸ばす
でも、母は寧ろショートか短く一つに結べるくらいが好き
しかも、雪の降る地域。ドライヤーとか使えないし、風邪ひいたら大変だし
髪が長いとお風呂とか色々掃除大変だから避けたい
(父がしないから帰省した時には大変なことになりそう)

そういうことで色々挑戦することに

久しぶりの美容院へ

まず、姉が誘って美容院へ
でも、この日は機嫌は悪くないけど行きたくないって
いろいろ声かけてみたけど
お店まで行ったけど車で待機されちゃって断念

訪問美容院かなぁと思いつつ、
たまたま翌週私も帰省したのでリトライ
前日から母に相談。
「ディサービス行くようになって身だしなみ大事だよ」とか
「私も前髪カットするから一人じゃ行きにくいし、一緒に行こう」って
色々誘ったら、母OKしてくれた
一度OKもらったら忘れないように
「明日美容院一緒に行ってくれるの本当にありがとう!!」とか
あえて一人で行けない私の相談乗ってくれてありがとう的な。
「予約なしで行けるから、かしこまった所じゃないよ」(知らんけど)
「スーパーのところにあってちゃちゃっと切ってくれるよ」(知らんけど)
ってとにかく美容院のハードルが低いことを延々と説明。

母の気持ちが変化しないように朝イチ来店(予約なしで良いって書いてあったから)
逆に母は開店1時間前から行くと言って落ち着かない始末・・・
でも、意外に予約があって一人なら20分待ってくれたらできますとのこと。
母に事情説明し、なんとか母だけカットしてもらうことに
スーパーとか服屋さんとか入ってる複合施設だから
母に服を買って
20分ほど待って美容院へ

これは私の思い込みだけど
予約なしの美容院なので
洗髪しないで霧吹きで髪の毛濡らす所もあるから
そんな感じだと思ってた
1000円の床屋みたいにちゃちゃっとやる所だと思ってた
美容院はちゃんと洗髪もしてくれた。
(内心母が拒否するんじゃないかとヒヤヒヤしたけど)
カットの要望は母に聞いても「わかりません」って言っちゃうから
こちらが写真とか見せて要望を伝えた(前日母には写真見せてOKもらってた)
そんな感じで母の機嫌とタイミング、
そしてデイサービスの話を持ちかけることで美容院に行けました
私はしばらく母を見届けてから、お昼の食材を買いにスーパーへ
早めに戻って、母が終わるのを待って帰宅

上は母の美容院直前の髪型
娘美容院なので毛先がバラバラ
白髪で軽い髪質なので
寝癖とか日によってボリュームがすごくボサボサになっちゃう
写真以上に実物はだらしない感じです

これは美容師さんにやってもらったカット
やっぱりプロは違う!!!
素敵な髪型になりました。
母はカットしてすぐ短くなった自分にびっくりしてた
(美容院行ったこともう忘れちゃってた)

母の機嫌によって状況が変わるから
予約とることもできないし
予約取ったら取ったでこちらも焦っちゃうから
ダメもとでタイミング見ながら挑戦が良かったのかな

一度短くカットすると
しばらく美容院は行かなくて大丈夫だし
はてさて次はいつになるかなぁ
次も美容院行けるといいな

ー番外編ー
ちなみに父は美容院から帰ってきた母を見て
「女の人は美容院好きだから、お母さんも本当は行きたいんだよねー」って
いやいや娘たちはこの美容院のためにどれだけ苦労してるか
今回行けたのは本当にタイミングが良かっただけ
母は行かなくて良いなら行きたくない
(これは元気な時から言ってた)
ディサービス行ってなかったら多分拒否してたと思う。
だったら父、連れてってよ!!!って
「女の人だからって全員が美容院好きとは限らないんだよ」
って思わず言ってしまった。

そして娘がカットできるのも
女の人は、他人の髪の毛カットできると思ってる
(下手とか上手いとか分からないから)
家事を軽く見てる父
女の人のやることはたやすいことだと思ってる父
この認識のずれをわかってくれたら少しは嬉しいなぁ



タイトルとURLをコピーしました