老老介護で変化したこと お仏壇の仏花編

ちーたむ
ちーたむ

母が認知症になって父が介護するようになって、娘達が遠距離介護になって気づいたこと。今まで無関心だった父母の実家の生活に一歩足を踏み入れることで気づいたこと、お仏壇で工夫したことを紹介します。

無関心だった実家

過去のブログでも記載しましたが
母が認知症になる前は、遠距離の娘達の帰省はまるで
お客さん扱い。
年に数回の帰省は、上げ膳据え膳で、
ゆっくりしてほしい親の思いと、
家を触られたくない思い
だから手伝われるのを嫌がられた

そして母が認知症になって
家がどんどん汚れていったけど
そもそも一泊とか二泊しかしないから
汚いながらトイレとか使ってた
お風呂はシャワーしか使わないか
入らないで帰るとか

でも体調崩して仕事休んで
実家に1週間帰省した時に
これではダメだと大掃除した
認知症でも他人に掃除されるのが嫌な母に
「私がうっかり汚しちゃって」とか
「油物、台所に流しちゃって掃除しなきゃいけない」とか
なんとか理由つけて掃除した

そして、今では
遠距離介護で帰省するたびに
まずはトイレとお風呂と洗面台の掃除は必須
間違いだらけの間違い探しを直すようになった

綺麗にする概念が無い父

そして、母が認知症になって気づいたこと
父はやることはやるけど
全てが中途半端
なんていうか、
普通掃除をする目的は「綺麗にするため」
その過程に「掃除」がある。
だから、目的達成のために気になるところは念入りにとかっていう行為が発生する。
でも父は
掃除をする目的が「ゴミを捨てる」とかの行為だから
その過程は掃除ではなく、「やることを決められた通りにする」になる
だから、綺麗にするとかではなく、ただ決めた行為をするだけになる。
当然最終の目的にずれがあるから、
綺麗にならない

厄介なのはちゃんとやってるつもりがあること
以前はいちいち指摘してたけど
自覚がない
そもそも感性のずれなのか
掃除という行為をしていれば
綺麗になってるでしょ??ってこと。
老眼で細かいところが気にならないのもあるけど
視力は私の方が悪いのに・・・

お仏壇の仏花

そして、その1週間帰省した時に
さらに今まで気づかなかったことが見えてきた

父は毎日朝と寝る前にお仏壇に行く
お茶や水や朝ごはんを炊いた時はごはんを備える
当然お花の水を変えるか、お花を交換している
と・・・思ってた

でも、よく見ると
花に蜘蛛の巣が張ってたり(これは田舎だから)
枯れたり、腐ってたり
水も汚い

だって認知症になる前は
仏花は母のすることだったから
お花の好きな母は
仏花も買ったり
家で咲いた花を生けてた
でもそれができなくなって
いつの間にか父のすることに変わった

1週間の帰省が夏だったから
毎日花の水を変えたけど
どう考えても父は花の手入れができてない
それを指摘しても
「毎日水変えてる」の一点張り
あの腐った水は毎日ではない。
本人は嘘ついてるとかではなく
自分的には変えてるつもり
毎日やってるかいちいち覚えてないけど
汚れないくらいの頻度でやってるつもり
さらに厄介なのが
売られてる仏花はゴムとかで括ってあって
つぼみが残ってると
「つぼみが咲くまで捨てなくて大丈夫でしょ?」って考え。
だから他が枯れてても気にしないんだと思う

母は今はもうそういった管理はできないし
娘達では管理できない
でもなんとか父の思いに応えつつ、改善したい。

調べたらブリザーブドフラワーとかを発見した
見た目も素敵だから進めたら
「本物の菊がないとダメだ」とか
「お金がかかっても生花だ」とか
「毎日交換するから生花にする」って聞かない
私的には、お仏壇は生花にこだわるより
綺麗にしてあげるほうが良いような気がする

父はブリザーブドフラワーを
どうやらナイロンみたいな生地で作った造花だと思ってたのも
思考のズレが埋まらない理由だったみたいだけど

下みたいなブリザーブドフラワー買って送ろうかと思ったら

枯れない 仏花 100% プリザーブドフラワー 淑華 お供え お悔やみ お仏前 (ピンクパープル)

新品価格
¥6,198から
(2024/3/24 10:21時点)

父、いきなり母とブリザーブドフラワー買ってきてた
どうやら花屋に仏花を買いに行って
ブリザードフラワーが目に入って
店員さんに聞いたら
造花とは違うとか
仏壇にも適してるって教えてもらったらしい

上が父が母と一緒に買いに行った仏花
こじんまりとしてかわいい
そして自慢げに家族LINEに
「今日お母さんと仏壇に飾るブリサーブドフラワー買ってきたよ」
って報告してた。

考え方の変化

ブリザーブドフラワーにして
結果父も喜んでた
水を交換するっていう手間がなくなって
水が腐らないし
花も枯れたり萎れたり腐ったりしない
だからお仏壇が綺麗になった

父は母の人格の変化によっては
メンタルがかなり落ちる
そうすると何もできなくなるから
本当に良かった

今回はお仏壇の話だけど
こうやって、お互いの思考を変えていって
よりよくしていく工夫が必要だったりする

今回は「百聞は一見にしかず」だったのかな
父と早くに直接お店に行っておけばよかったな

タイトルとURLをコピーしました